文字をコピーして貼り付けよう。

このページでは、文字をコピーして貼り付けるやり方を説明しています。

一文字も間違いなく、入力できるかなぁ…

インターネットを使っていると、ホームページのURL(住所)を入力したり、メールを送ってきてくれた友人のメールアドレスを登録しておくために、入力が必要になったりすることがありますよね。
URLやメールアドレスは、1文字でも違っているとページが表示されなかったり、メールが届かなかったりということが起きてしまいます。
そんな時に「文字をコピーして貼り付ける」という作業ができると、簡単で間違いなく入力をすることができます。
この作業のことを「コピー アンド ペースト」と言います。
(「ペースト」は「貼り付け」のことです。)
「コピペ」という言葉を聞いたことがあると思いますが、これを略したものですね^^

サイト内の文字をコピーしてみよう

まずは文字をコピーしてみましょう。
例としてこのサイトのトップページを使っていますが、WEBサイトならどこでもOKです。
ブラウザはIE(Internet Explorer )を使用します。

(1)IE(Internet Explorer )を立ち上げて、トップページを表示した状態です。

このトップページを使いたい方は、こちらからどうぞ。
パソコンさんと初心者さんのお部屋

このサイトのトップページ
このサイトのトップページ

私のプロフィールの「パソコンがすっごく好きな人です。」の部分をコピーします。(赤枠

(2)コピーしたい文字の先頭部分にマウスカーソルを置きます。そこからゆっくり先頭の文字(例の場合「パ」)へ近づけていくと、マウスカーソルが「 I 」の形に変わります。

マウスポインタの比較
マウスポインタの比較

画像だとちょっと見にくくて、ごめんなさい ><

(3)マウスカーソルの形が変わったら、マウスの左ボタンを押しっぱなしのまま右へ移動します。(ドラッグする)

ドラッグして文字を選択します
ドラッグして文字を選択します

すると文字が青くなります。これが文字が選択された状態です。
コピーしたい部分すべてドラッグし、選択された状態にします。
文字が選択された状態
文字が選択された状態

↑文字が選択された状態です。

(4)選択ができたら青くなっている部分の上にマウスカーソルを置いて、右クリックします。

右クリックメニュー(コピー)
右クリックメニュー(コピー)

右クリックメニューが表示されますので、その中の「コピー」をクリック(赤丸)。

※この時点では、画面上での変化は右クリックメニューが消えるだけで、そのほかは何も変わりませんが、それでOKです。
パソコンがコピーするものを覚えただけです。
次に覚えた文字をメモ帳に貼り付ける作業をします。

(5)メモ帳を立ち上げます。

メモ帳の起動
メモ帳の起動

私のパソコンは、タスクバーにメモ帳をピン止めしてあるので(赤丸)そこから立ち上げますね。
メモ帳の場所がわからない!という方は、下記の記事を参考にメモ帳を出してみてくださいね。ちょっとしたメモには便利です。

Windows 10 メモ帳のある場所は、どこでしょう?

(6)メモ帳にカーソルが表示されていることを確認して、そのカーソルのそばにマウスポインタを置いて右クリックします。
下の画像ではカーソルが見えていませんが、メモ帳の左上の角にあります。

右クリックメニュー(貼り付け)
右クリックメニュー(貼り付け)

右クリックメニューが表示されますので、その中の「貼り付け」をクリックしましょう(赤丸)。

(7)コピーした「パソコンがすっごく好きな人です。」の文字が貼りつきました。

貼り付け終了
貼り付け終了

慣れないうちはちょっと戸惑うかもしれませんが、回数をこなして慣れてくると、ぱぱっとできるようになります。

実はほかにもコピーの方法はあって、キーボードを使ってコピー、貼り付けができます。切り取ってしまって貼り付ける、なんてこともできるんですよ。(WEBサイト上のものは切り取れませんが)
慣れると右クリックを使うより早くできるので、右クリックからのコピー&貼り付けに慣れたら、チャレンジしてみるものもいいですね!

参考になれば、幸いです^^