Office 更新プログラムのバージョンを以前のものに戻す方法

Update
Update

Office 2016 は更新プログラムが自動的にダウンロード・インストールされるようになっていますね。

もちろんそれは大切なこと!

しかしときどき、更新プログラムを入れた後に不具合が発生することがあります。

そんな時は、とりあえずきちんと動いていた時のバージョン(ビルド)に戻してあげると、不具合が解消されることが多いです。

ここでは例として「バージョン(ビルド)7341.2032」 に戻して説明していますが、それ以外のバージョン(ビルド)の更新プログラムに戻すこともできます。

説明の中にやり方も書いておきましたので、参考にしてください。

今回OS は Windows 10 を使っていますが、Windows 7 / 8.1 でも、同じようにできます。(コマンドプロンプトの検索部分が多少違います。)

さっそく始めましょう!

始める前の注意点としては…

・時間がかかる場合があるので、時間に余裕のある時に行うようにしましょう。

・この作業を行う前に、すべてのOffice 2016 アプリケーションを閉じておいてください。

・ここでは Word を使って説明していますが、更新プログラムを戻すと Word 以外の Office 製品も元の更新プログラムに戻りますので、ご承知おきください。

まず初めに、戻したい更新プログラムのビルド番号を調べます

不具合が起きている場合は、一番新しい更新プログラムが適用されてから不具合が起こっていることが多いと思いますので、一番新しい更新プログラムのひとつ前のビルド番号を調べてください。

場合によっては、もっと前のバージョンに戻したいこともあると思いますので、必要なもののビルド番号を調べておきます。

調べるのは、4桁が2つ並んだ「ビルド番号」ですので、お間違いなく!

(例 : 7668.2066 )

忘れずメモしておいてくださいね。(パソコンのメモ帳にコピペしてもOK。)

やり方がわからない方は、下記に詳しく書いた記事のリンクを張っておきますので、参考にしてください。

Office 2016 更新プログラム・以前のバージョン番号(ビルド番号)の調べ方
Office 2016 は、基本的に更新プログラムは自動でダウンロードされ、適用されるようになっています。 いつの間にかア...

ビルド番号がわかったら、戻す作業に入りましょう!

更新プログラムを戻します

ここから実際に変更の作業をしていきます。

焦らず、ゆっくり進めましょう!

(1)スタートボタンの上で右クリックし、表示されたメニューの中の「検索」をクリックします。(赤丸

スタート右クリックメニュー
スタート右クリックメニュー

ちょっと下のほうですね。

・Windows 7 ではスターボタンをクリックすると表示されるスタートメニューに、検索窓があります。

・Windows 8.1 では、チャームを出すと「検索」がありますので、そこをクリックして検索窓を表示します。

(2)検索窓に「コマンド」と入力します。

コマンドプロンプトの検索
コマンドプロンプトの検索

検索結果の中に「コマンドプロンプト デスクトップアプリ」が表示されますので、その上で右クリックします。(

出てこない場合は検索窓に「コマンドプロンプト」と入力してみてください。

※Windows 7 / 8.1 の場合
検索窓に「コマンドプロンプト」と入力すると、検索結果にコマンドプロンプトが表示されますので、それを右クリックしてください。

(3)表示された右クリックメニューの「管理者として実行」をクリックします。(赤丸

※ここ、大事です!!

コマンドプロンプトの右クリックメニュー
コマンドプロンプトの右クリックメニュー

(4)「ユーザーアカウント制御・このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか。」と書かれたダイアログボックスが表示されますので、「はい」をクリックします。(オレンジの丸

ユーザーアカウント制御
ユーザーアカウント制御

(画面をデジカメで撮ったので、画質が悪くすいません><)

クリックすると、コマンドプロンプトの画面が開きます。

コマンドプロンプト画面1
コマンドプロンプト画面1

タイトルバーに「管理者」と書いてあればOKです。(オレンジの枠

※管理者として実行しないと、うまくできない可能性があります。もし「管理者」となっていない場合は、一度閉じて(2)からやり直し、再度管理者として立ち上げてください。

(5)「管理者:コマンドプロンプト」の画面で、下のコマンドを貼り付けます。

cd %programfiles%\common files\Microsoft shared\clicktorun

※注:コマンドの貼り付けは間違いのないように「コピー&貼り付け」を使いましょう。

貼り付けると、下記のようになります。

コマンドプロンプトにコマンドを入力1
コマンドプロンプトにコマンドを入力1

この状態のまま、エンターキーを押します。

(6)続けて下記のコマンドを貼り付けます。

officec2rclient.exe /update user updatetoversion=16.0.7341.2032

貼り付けると、下記のようになります。

コマンドプロンプトに子万祖を入力2
コマンドプロンプトに子万祖を入力2

「バージョン(ビルド)7341.2032」以外のバージョン(ビルド)の更新プログラムに戻す場合は、次の作業をしてください。

調べておいた、戻したい更新プログラムのビルド番号がわかるようにしておいてくださいね。

①上記赤字で表示したコマンド(同じものを下に書いておきます。)

officec2rclient.exe /update user updatetoversion=16.0.7341.2032

をコマンドプロンプトに張り付けます。(ここまでは上のやり方と同じ。)

②貼り付けたら、最後の数字「7341.2032」の部分をBackspaceを使って削除し、調べたビルド番号書き換えてください。(ドットの入れ忘れに注意!)

◇ 例えば、戻したい過去の更新のビルド番号が「7668.2066」の場合、コマンドは

officec2rclient.exe /update user updatetoversion=16.0.7668.2066

となります。

修正できたら「エンターキー」を押します。

(7)「Officeの更新プログラムをダウンロードしています…」というウィンドウが出ますので、しばらく待ちましょう。

15分ぐらいかかる場合もあるようなので、気長に待ってくださいね。

Officeの更新プログラムの確認
Officeの更新プログラムの確認

ダウンロード、更新が終わっても特にメッセージは出ないようですので、上記のウィンドウが消えたら終了です。

(8)念のため、Office のビルド(バージョン)が「16.0.7341.2032 」に戻っているかを確認しておきましょう。

どれでもよいので、 Office 2016 のソフトを起動し「ファイル」の中の「アカウント」(オレンジの枠)をクリックします。
(画像は Word 2016 のものです。)

Office更新プログラムの確認1
Office更新プログラムの確認1

上記画面になったら「製品情報」の下にある「 Office 更新プログラム」の部分を見て、
バージョンの部分が変更したいものと同じであればOKです。(四角赤枠内

※2017年10月10日現在、バージョンの表記方法が以前と変わっています。

新しいものは

バージョン1701 (ビルド7766.2060)」

という形になりました。

書かれている位置も「ライセンス認証された製品」と書いてある行の、2行下です。

参考に、下画像は Excel での表示のされ方です。(バージョン1707)

Office のビルド、現在の表示のされ方
Office のビルド、現在の表示のされ方

クリックで拡大

万一画像と表記が違っても、戻した更新プログラムのバージョンとビルドの数字が合致していれば問題ありません。

(9)Office の更新プログラムが自動更新になっていると、新しい更新プログラムがまた適用されてしまいます。

しばらくの間、Office の自動更新は無効にしておきましょう。

①Word , Outlook の「ファイル」→「アカウント」→「更新オプション」とクリックし「更新を無効にする」を選択します。(オレンジの四角枠

Office自動更新の停止
Office自動更新の停止

クリックすると「ユーザーアカウント制御」で変更を許可するかを聞いてくると思うので、「はい」をクリックしましょう。

②自動更新が停止されると、下記写真のようになります。

Officeの更新停止済み
Officeの更新停止済み

「Office 更新プログラム」の部分がオレンジになり「この製品は更新されません。」と記述されます。これで自動更新が停止されました。

※本当は、Windwos や Office の更新プログラムは、セキュリティの面からも自動で更新されることが望ましいです。

問題がなくなりましたら、自動で更新するように設定を戻しましょう。

以上になります。

わかりにくい部分などあるかと思いますが、修正しながら更新してしていきますね。

お役に立てれば幸いです^^


スポンサーリンク


コメント

  1. Kei より:

    Excel2016で2016年10月のアップデート以後、1つのファイルだけが開こうとするとExcelがフリーズしておりました。ユーザーフォームが原因らしいことまではわかっておりましたが、対策がわからず苦労しておりましたので、この記事のおかげで解決できました。

    • 羽飛 漣 より:

      keiさま

      お返事が遅くなりすいません。

      そのような現象も起きていたのですね!
      やはり私の知らないことも起きているのだと、改めて実感しました。
      解決できて、本当によかったです^^

      少しでもお役に立てたんだと思うと、私もとてもうれしいです。
      もっともっと精進して、皆さんのお役に立てる記事を書いていきたいと思います。

      コメント、ありがとうございました^^

  2. さざなみ より:

    始めまして。
    昨日まで正常に動いていたアクセスが動かなくなり、困り果てていましたが、
    こちらのページを参考にして、以前のバージョンに出来まして、正常に動くように復旧できました。

    大変感謝しております。ありがとうございました。

    ちなみに、エラーメッセージは、「データベースに含まれているVBAプロジェクトを読み取れないため、データベースを開くことができません。データーベースを開くには、VBAプロジェクトを削除する必要があります。・・・」
    (アクセスのデータは、自分で作った物ではなく、削除する必要がありますと言われて、青ざめていました。)

    ちなみに、 Officeは、バージョン1708:ビルド8431.2079でしたが、
    バージョン1707:ビルド8326.2058に戻しました。

    • 羽飛 漣 より:

      さざなみ様

      今週になってこのページのアクセスが増えていたので「何か起きたのかな?」と思っていたのですが、アクセスの不具合だったのですね!
      私は主にエクセルとワードを使っていてアクセスは使っていなかったため、わかりませんでした。
      どんなソフトでも不具合は困りますが、アクセスで不具合(それも削除する必要があるといわれるとは><)非常に困りますよね。
      データ量も膨大な場合が多いでしょうし…

      無事戻すことができ、アクセスもきちんと使えるようになったとことで、本当に良かったです!
      この記事がお役に立てて、私も自分のことのようにうれしく思います^^

      これからも少しでも役立つ記事を、わかりやすく伝えていけるよう、努力を重ねていきますね!

      コメント、本当にありがとうございました(*^-^*)