Windows 10 スタート画面にアプリのタイルを追加しよう

プラス・追加
プラス・追加

Windows 10 を使い始めて思ったのが

「スタートメニューに普段よく使うアプリを置けないのが不便」

ということでした。

たとえば Windows 7 ならこんな感じだったんですよね。

Windows 7 でのスタートメニュー
Windows 7 でのスタートメニュー

「Microsoft Excel 2010」と「Microsoft Word 2010」は、赤く囲まれた部分によく使うアプリとして登録してある状態です。

そこをクリックすれば、すぐにアプリの立ち上げができたので便利でした。

そして Windows 10 でのスタートメニューがこちら。(Creators Update 後)

スタートメニュー
スタートメニュー

Windows 7 の時にはソフトを登録していた赤枠の部分には「すべてのプログラム」が表示されていて、使いたいアプリを登録することはできません。

私としては「それは不便極まりない!」となった訳ですが、その役割を果たすのが右側、スタート画面にたくさんある「タイル」です。

以前は「 Excel 2010 」という文字として表示していたものが、タイルに置き換わっただけ。

それならば、よく使うアプリをタイルとして登録しておけば、問題は解決ですよね!

ということで、今回はここに私がよく使っているフリーソフトの「Pixia」を例として、タイルの追加をしていきたいと思います。(ライティングソフトです。)

Pixiaホームページ → http://www.pixia.jp/

タイルを追加しよう!

それでは早速、「Pixia」のタイルを追加していきましょう。

(1)スタートをクリック()して、スタートメニューを表示します。

スクロールして「P」のところの表示をしてもOKなのですが、今回はちょっと違うやり方を試してみましょう^^

緑の線で囲んだ「A」の部分をクリックします。(BやCなど、頭文字の部分ならどこでも大丈夫です。)

スタートメニューのすべてのアプリ
スタートメニューのすべてのアプリ

(2)クリックすると、下記の画像のようになります。

頭文字の選択
頭文字の選択

アルファベットやひらがなが、ずら~っと並んでいますね。

その中から今回該当の「Pixia」の「P」をクリックします(赤丸)。

(3)「P」が表示されました。「Pixia ver.6」というフォルダが見えます。(赤四角

「Pixia ver.6」の右側に「∨」のマークがあるので、クリックで開いてみましょう。

Pixiaのフォルダ
Pixiaのフォルダ

(4)「Pixia ver.6」という名前が書いてある、カラフルなアイコンがありますね。これが「Pixia」のアプリです。

それをマウスでドラッグし、右側のスタート画面のタイルを置きたい場所まで移動します。

アプリをドラッグで移動
アプリをドラッグで移動

(4)無事にタイルができました!(赤四角)

スタート画面にできたPixiaのタイル
スタート画面にできたPixiaのタイル

◎万一この方法でうまくできない場合は、右クリックメニューを使ってタイルを作成することができます。

ー 操作の仕方ー

※「Pixia」のアプリを表示するところ(上記の(3)まで)の操作は同じです。

①(4)で「Pixia」のアプリをドラッグする代わりに、右クリックして右クリックメニューを表示します。

メニューの中に「スタートにピン留めする」という項目があるので、クリックします。(赤四角

右クリックメニューを表示
右クリックメニューを表示

②スタート画面にタイルが作成されました。

あら、私が期待していた場所には作れませんでした^^;

こんな時は、ドラッグで位置を移動してあげましょう。

タイルをドラッグして位置を移動します
タイルをドラッグして位置を移動します

③できました!

スタート画面にできたPixiaのタイル
スタート画面にできたPixiaのタイル

いかがでしょう?

タイルをうまく使って、ささっとアプリが立ち上げられれば気分いいですよね!

何でもそうですが、ストレスは少ない方が楽しいですから(笑)

お役にたてれば、幸いです^^