【 Office 2016 】クイック実行形式(Click to Run・C2R)って、なんだろう?

Office の更新バージョンについて調べると、「クイック実行形式(C2R)」という言葉に遭遇することがあります。

「これって何のことなんだろう?」

「違うものもあるのかな?」

そんな風に思ったことはありませんか?

今回は、この「クイック実行形式(C2R)」ともう一つの形式との違いについて、できるだけわかりやすくまとめたいと思います。

スポンサーリンク

形式は2種類ある

Office 2013 と Office 2016 では、多くのものがそれまでとは違う形式で Office 製品(更新プログラムも含む)のダウンロード・インストールを行っています。

それが「クイック実行形式(C2R)」というものです。
(ちなみに「C2R」というのは「Click to Run」の略です。)

Office 2010 までは「インストーラー形式(MSI)」という形式が使われていました。

この2つの形式どこが違うのかというと、簡潔に言えば

ダウンロード・インストールや、更新プログラムの適用方法が違う。

ということになります。

Microsoft 社のホームページによると、今後 Office 2019 の提供が予定されていますが、この Office からは「インストーラー形式(MSI)」の製品はリリースされない予定とのことです。

「クイック実行形式(C2R)」と
「インストーラー形式(MSI)」の違い

この二つの形式の違いを、分かりやすいよう表にしてみました。

C2R と MSI の違い

製品自体はインターネットを利用してダウンロードします。ですから製品を買っても、ディスクなどは付いていません。

私がOffice 2016 を買ったときは、厚紙でできたカードをレジに持って行って会計しました。安いものではないので「こんなカードに何万円も出すのか~」と、ちょっと頼りなく思ったりしましたね。

そして更新についてですが「クイック実行形式(C2R)」は、「 Microsoft Update 」を使わない方法で更新プログラムの更新を行います。更新プログラムは普段は自動で更新されますが、自分で更新をかけることもできます。

ちなみに「 Microsoft Update 」というのは、OSだけではなく、Office などの Microsoft アプリケーションも対象とした、アップデートのことです。

(「 Windows Update 」は Windows OS だけのUpdate ですよ。)

見分け方

じゃあ、うちの Office は一体どっちなの?ということで、この二つの形式の見分け方をご紹介します。

Office ソフト内から確認できます

Office ソフトならば、どれからでも確認することができます。Excel や Word など、単体で購入していても、方法は一緒です。

今回は Excel 2016 を使って、説明していきますね。

※画像で使用している Excel 2016 は「クイック実行形式(C2R)」です。

(1)Excel を起動します。

Excel 起動直後

(2)リボンの「ファイル」をクリックします。(赤丸)

リボンの「ファイル」部分

(3)左側にあるメニューの「アカウント」をクリックします。(赤枠)

Excel 左側メニューの「アカウント」をクリック

(4)右側に表示された「製品情報」を見ます。

アカウントにある「製品情報」を見る

まずここで確認していただきたいのが、赤の枠で囲んだ「Office 更新プログラム」の部分です。下記を確認してください。

◆「Office 更新プログラム」の表示が「Excel のバージョン情報」の上に

ある → 「クイック実行形式(C2R)

ない → 「インストーラー形式(MSI)

となります。

画像と同じ表示であれば「クイック実行形式(C2R)」となります。参考にしてくださいね^^

まとめ

普段使うだけならば、形式の違いは特に気にしなくても問題ありません。

ただ、新しい更新プログラムが適用されて不具合が出た場合など、どうしても前のバージョンに戻さなくてはならなくなった場合には、この形式の違いを確認する必要が出てきます。

そんなときには、この方法で確認ができますよ。

(余談ですが、現在の更新プログラムのバージョンも「Excel のバージョン情報」で見られるので、一緒に確認できちゃいます。)

お役に立てれば、幸いです^^