【 Windows 10 Fall Creators Update 以降】既定のアプリ(プログラム)を変更する方法

Change

Fall Creators Update 以降、既定のアプリ(プログラム)を変更する方法が、一部変わりました。

以前は既定のアプリを変更する詳細設定(例えば拡張子ごとに指定する場合など)は「コントロールパネル」内に移動して行っていたのですが、今は「設定」の中だけで完結するようになっています。

今回はその流れについて、説明していきますね。

既定のアプリを変更する

現在「.pdf」ファイルが「 Microsoft Edge 」で開くようになっているので、今回はそれを
「Adbe Acrobat Reader DC」に変更してみます。

変更の方法

(1)設定を開く

スタートボタンをクリックし、スタートメニューの歯車のマークをクリックしましょう。
(赤枠)

スタートメニューの設定ボタン

画像では「設定」という文字が見えていますが、出ていなくてもOKです。

(2)「アプリ」を開く

「Windows の設定」というウィンドウが開きます。その中の「アプリ」をクリックします。(赤枠)

Windows の設定内の「アプリ」

(3)「既定のアプリ」を開く

左側のメニューに「既定のアプリ」がありますので、クリック。(赤枠)

「既定のアプリ」

(4)「既定のアプリ」内を下へスクロール

ここでは6種類のアプリの設定を行うことができます。

が、今回はもうちょっと細かく設定したいので、下へスクロールしましょう。

「既定のアプリ」

(5)青い文字で書かれた3行の文を探す。

下にスクロールしてくると、青い文字で書かれた文が3行並んでいます。

画像の①~③の番号が振ってあるところです。(実際は番号はありません。)

既定のアプリ内

簡単に内容を説明します。

①ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ。

ここではファイル名の最後についている「拡張子」(.jpg や .pdf など)ごとに、アプリを割り振っています。

ファイルの種類ごとに既定のアプリを選ぶ

わかりやすいのは「.jpg」という、写真などの画像でよくお目にかかる拡張子ですね。
(緑枠)現在は「フォト」アプリが既定のアプリになっています。

②プロトコルごとに既定のアプリを選ぶ

「プロトコル」というのは「約束事」のことです。

この場合は「(インターネットで)通信するときの約束事の種類によって、アプリを指定しておきましょう。」というような意味合いになります。(なんとなくわかればよいので、正確性には欠けるかもしれませんが。)

一般的にはこれを使ってアプリを指定することはあまりないと思うので、こういうのもあるのねー、ぐらいに思ってください。

画像の緑の下線部分が、プロトコルを表しています。

プロトコルごとに既定のアプリを選ぶ

③アプリによって既定値を設定する

ここでは「このアプリでは、この種類のファイルが使えるよ。もし違うアプリを使いたいときは変更してね。」的な設定ができます。

アプリによって既定値を設定する

個人的に、を使って変更するのが一番わかりやすいと思うので、を使ってのやり方を説明していきます。

(6)「アプリによって既定値を設定する」を開く

下画像の文をクリックします。

既定のアプリ内

「アプリによって既定値を設定する」という文と、たくさんのアプリが表示されます。
現在PDFファイルが「 Microsoft Edge 」で開くようになっているので、下画像のようにちょっと下にスクロールして「 Microsoft Edge 」を見つけ、これをクリックします。(赤枠)

Microsoft Edge の設定を変更

(7)「管理」をクリック

クリックすると「管理」が表示されますので(赤丸)クリックします。

「管理」ボタン

(8)「ファイルの種類とプロトコルの関連付け」のページ

Microsoft Edge で利用できるファイルの種類と、現在の既定のアプリの状況が表示されます。

「ファイルの種類とプロトコルの関連付け」

ではさっそく「.pdf」のファイルの関連付け(既定のアプリ)を変更してみましょう。
(赤枠)

(9)「.pdf」の Microsoft Edge をクリック

赤枠内の「 Microsoft Edge 」をクリックすると、「アプリを選ぶ」というメニューが表示されます。

アプリを選ぶ

「.pdf」を見るためのアプリ「Adbe Acrobat Reader DC」がありますので、これをクリックします。(赤枠)

もし変更したいアプリが表示されない場合、「ストアでアプリを探す」がメニューの下の方にあるので、そこからストアに移動し、アプリを探すこともできます。

注意点

「Fall Creators Update」以降「Windows が想定するアプリケーション」というものを設定しているようで、そのリストにないアプリはパソコンにインストールしてあっても選択対象にならない、という情報を頂きました。

この場合「アプリを選ぶ」のメニューに表示されてこないことが予想されます。

(10)作業終了

設定が変更されました。(赤枠)

アプリの変更後

×ボタンで閉じて大丈夫です。

※設定できているか、確認してみます!(赤枠内がPDFファイルです)

〇設定前のPDFファイル

既定のアプリ設定前のPDFファイル

PDFのファイルに「 Microsoft Edge 」のマークがついていますね。

〇設定後

既定のアプリ設定後のPDFファイル

こちらは赤地に白文字で「PDF」の文字が入り、くるくる(?)したマークがついてますね。これが「Adbe Acrobat Reader DC」のマークです。

このマークに変わっているということは、既定のアプリが変更され「このファイルを開くときは”Adbe Acrobat Reader DC”を使いますよ」ということです。

きちんと変更できました!

まとめ

現在「既定のプログラムがうまく変更できない」という症状が起きているのかはわかりません。私に関してだけ言えば、その症状は起きていません。

ネットでも調べてみたのですが、まだそれらしい情報が見当たらないため、まずは
Fall Creators Update 以降での、既定のアプリ(プログラム)を変更する方法をご紹介させていただきました。

もし、そのような症状が起きている方がいらっしゃいましたら、コメント欄にひとこと残していただけると、嬉しいです。

それともう一つ、問題になりそうなのが「 Windows が想定するアプリのリスト以外は、選択対象にならない」ということですね。

こちらについても新しい情報などありましたら、またお知らせしたいと思います。

お役に立てれば幸いです^^