Windows 10 デスクトップの壁紙を変更する

壁の塗り替え
壁の塗り替え

Windows 10 にアップグレードしたり、新しくパソコンを買われた方は、壁紙が下の画像のような青い Windows マークのものになっていると思います。

初期状態の壁紙
初期状態の壁紙

でもいつも使うパソコン、お気に入りの写真が表示されていたら嬉しいですよね!

ということで、今回は Windows 10 での、壁紙の設定方法をご紹介します。

壁紙を設定しましょう!

注意することとして、画像によっては読み込みが重く(遅く)なったり、デスクトップのアイコンが見にくくなったりするので、その場合はまた違う画像を選んでみてください。

(1)まずは、お気に入りの写真を選んでおきましょう。

デジカメやスマホで撮った写真を、パソコンの中に取り込んでもらってもOK。

お気に入りの写真を用意してくださいね。私が選んだのはこちら↓

とりちゃん
とりちゃん

とりちゃんですw

ー 重要 ー

スムーズに壁紙を設定するために、壁紙にしたい画像の名前と、保存してある場所を確認しておくことが重要になります。

「どこに写真が保存されているか」ということですね。

私のパソコンの場合は…

○ファイル名:
「壁紙用とりちゃん.jpg」

○保存してある場所:
「ピクチャ」ライブラリの中に自分で作成した「壁紙用」というフォルダ

です。

例えば私の場合は下の画像のようになっています。

エクスプローラー・場所の確認
エクスプローラー・場所の確認

クリックで拡大

上の画像の赤い囲みを見てみると

「PC > ピクチャ > 壁紙用」

と書いてあります。これは

「”PC”というフォルダの中にある”ピクチャフォルダ”の中の、”壁紙用”というフォルダの中を見ています。」

という意味になります。

この赤い囲みの部分をメモなどして、忘れないようにしておいてくださいね。

(2)デスクトップ上でマウスを右クリックします。

右クリックメニュー
右クリックメニュー

右クリックメニューが表示されますので、一番下の「個人設定」をクリックします。(赤丸

(3)「背景」と書かれたウィンドウが開きます。

背景(壁紙)の設定画面
背景(壁紙)の設定画面

↑クリックで拡大

左側の欄に「背景」「色」「ロック画面」「テーマ」「スタート」「タスクバー」の6個が表示されています。

その中の「背景」が選択されているので、文字が青い色になっています。(赤い囲み

右側の欄は、左側で選択された「背景」となっていて、設定できる内容が表示されます。

一番上には現在設定されている壁紙がプレビューとして表示されていますね。
(この場合は初期設定の青い Windows マークの画像)

この画面になったらが「画像」になっていることを確認して、の「参照」をクリックしましょう。

(4)画像の選択画面が開きます。

壁紙用ファイルの場所
壁紙用ファイルの場所

↑クリックで拡大

ここで先ほど確認した「壁紙にしたい画像の名前と、保存してある場所が必要になります。

上の方にある青い四角の囲みを見ると、「PC > ピクチャ > 」となっています。

すでに「ピクチャ」が開いている状態でした。

※もしも違う場所が開いていた場合は、メモを確認しながら該当のフォルダを順番に開いていってください。

かならずどこかにあるはずですよ。(最初に確認してありますから。)

どうしても見つからない場合、ファイル名がわかれば、Windows の「検索」を使って探すことができます。利用してみてください。

あとはこの中にある「壁紙用」のフォルダを開けばとりちゃんの画像があるはずです。

ではダブルクリックで開いてみます。

画像のあるフォルダ
画像のあるフォルダ

↑クリックで拡大

ありました^^

(5)「保存済みの写真」フォルダの中身が見えます。

ファイルを選択する
ファイルを選択する

は「壁紙用とりちゃん.jpg」の写真です。

ファイルの見え方が違う方もいらっしゃると思いますが、ファイル名が合っていれば大丈夫。

クリックしてきちんと選択できると、の赤線で囲った部分のように周囲が青くなり、と同時に下の「ファイル名」のところにファイルの名前が表示されます。

その状態になったら、「画像を選ぶ」をクリックします。

(6)プレビュー画面に選んだ画像が表示されます。

設定後、プレビュー
設定後、プレビュー

↑クリックで拡大

プレビュー画面に選んだ画像が表示されています。

実はすでに壁紙も変更されていますね。

このまま×で閉じるとこの状態で確定されます。

(7)変更終了

壁紙設定後のデスクトップ
壁紙設定後のデスクトップ

↑クリックで拡大

選んだ画像になりました!

お気に入りの写真が見られると、ちょっと幸せになれますよね♪

ぜひ、チャレンジしてみてください!

参考になれば、幸いです^^