Windows 10 タイルやスタートメニューの色を変えよう!

いろいろな、色
いろいろな、色

Windows は、基調となる色が青系のことが多いですよね。

Windows 10 でも基本となる色は青です。

初期設定の色はこんな感じ。

色の変更前
色の変更前

でもタイルの色とか、自分の好みの色に変えられたら、ちょっと嬉しい^^

そこで今回は、タイルの色とスタートメニューの色の変更のやり方を説明していきたいと思います。

※ちなみに「タイル」というのは、スタートをクリックしたときに表示される、四角いもの1つ1つのことです。

まずはタイルの色を変更してみよう!

(1)スタートボタンをクリックして、スタートメニューを開きます。

スタートメニュー設定
スタートメニュー設定

スタートメニューの中にある設定をクリックします。

※Anniversary Update 以降は、設定などの表示がアイコンのみになっています。その場合上記画像の「設定」と同じ、歯車のアイコンをクリックすればOKです。

(2)設定画面が開いたら、その中のパーソナル設定をクリック。

※ここも Anniversary Update 以降は名称が変わっていますので「個人用設定」というところをクリックしてください。

設定中身・パーソナル設定
設定中身・パーソナル設定

(4)開いたら左側にあるをクリックします。

パーソナル設定・色
パーソナル設定・色

右側にはデスクトップのプレビュー画面が出ていますので、そこでおおよそのイメージを確認することができます。
その下に見える、「アクセントカラーを選ぶ」と書いてある、いろいろな色があるところで色の設定をしていきます。

(5)「アクセントカラーを選ぶ」の部分。

アクセントカラーを選ぶ
アクセントカラーを選ぶ

大きな赤枠で囲った部分の中から色を選びます。現在は初期設定のままなので一番上の列の矢印が示している色が設定されています。
よく見ると設定されている色には青い枠がついていますね。
今回は現在の色のすぐ左側にある色を設定してみます。(ピンクみたいな色)

(6)設定する色をクリックして選択します。

赤色選択後
赤色選択後

選択した赤色に青い枠がつきました。(かなり見にくいですが…)
上のほうのプレビューや左側の「色」を選択したところもピンク?色に変わっていますね。
これで設定は終了ですので、右上の×ボタンで閉じましょう。

(6)こうなりました。

タイル・色変更後
タイル・色変更後

こんな感じになりました。(もともと変えられない設定のタイルもあるようです。)
スタートボタンのところにマウスポインタを置いていたのですが、スタートボタンも色が変わってますね(笑)
ちょっと予想外でした。

スタートメニューの色を変更します。

スタートメニューの色を変更するのはとても簡単です。
先ほどのタイルの色変更(1)~(4)までは一緒の操作です。

(1)色設定のウィンドウが開いたら、一番下までスクロールして移動します。

パーソナル設定・色
パーソナル設定・色

「スタート、タスクバー、アクションセンター、タイトルバーに色を付ける」のところのスライダーをオンにします。
これで設定は終了。
右上の×ボタンをクリックしてウィンドウを閉じましょう。

(3)こんな感じになりました。

スタートメニュー・背景色設定後
スタートメニュー・背景色設定後

ただ、好きな色は選べません。タイルに設定した色と同系の色が自動的に選ばれます。

気を付けていただきたいのは、明るい色の中には結構まぶしい感じになってしまう色もあるので、目が疲れてしまう可能性があります。

例えばこんな感じ。

スタートメニュー・黄色見本
スタートメニュー・黄色見本

画像ではそんなに感じないのですが、実際に黄色にしてみたところ結構まぶしくて、私は目が疲れてしまいそうでした。
いろいろ試してみて、ご自分の使いやすい色を設定してくださいね^^

参考になれば、幸いです^^