【 Windows 10 】 タイルやスタートメニューの色を変えよう!

いろいろな、色

Windows は、基調となる色が青系のことが多いですよね。

Windows 10 でも基本となる色は青で、初期設定はこんな感じです。

デスクトップ画面

でもタイルの色とか、自分の好みの色に変えられたら、ちょっと嬉しい^^

そこで今回は、タイルの色とスタートメニューなどの色変更の方法を説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

タイルの色を変更してみよう!

まずはじめに、タイルの色を変更してみます。

厳密にいうとタイルだけではなく、ウィンドウの表示色も一部変更されます。

実際に設定して、見てみましょう。

(1)スタートボタン(赤丸)をクリックして、スタートメニューを開きます。

スタートメニューの設定

スタートメニューの中にある設定(四角枠)をクリックします。

(2)設定画面が開いたら、その中の個人設定(赤丸)をクリックします。

設定の画面・

(4)開いたら左側にある「色」(赤枠をクリックします。

(5)「色」の設定画面です。

色の設定画面

少しスクロールして、下画像のようにパレットを表示させてください。

色の設定・パレット

現在設定されている色にはチェックマークがついています。(矢印のところ)

ここで好きな色を選んでクリックすると、すぐに適用されます。

私は試しに、右上角の色を選んでみましょう。

(6)設定する色をクリックして選択します。

色変更後のウィンドウ

初めにお話ししたウィンドウの表示色変更の部分が、緑色の文字で示した
「戻る」「選択された時の色」「ウィンドウの枠の色」
の3つです。

そのほかに、

スタート画面のタイル(これが一番の色変更の目的ですよね)

色変更後のスタートメニュー

タスクバーの開ているアプリの表示

タスクバーの色の変化

の色が変更されました。

これでOKであれば、設定画面は閉じて大丈夫です。

ほかの色も選べます

これは豆知識ですが…

パレットに表示されている色以外も選ぶことができるんですよ。

カスタム色を選ぶ

(1)パレットの下にある「カスタム色」というところの「+」をクリックします。(赤枠

カスタム色

(2)「カスタムアクセントカラーを選択します」という画面になります。

カスタムアクセントカラーを選択します

色の部分に白い円があるのですが(赤の矢印のところ)、それをドラッグすることで好きな色を選べます。

(3)色を変更してみました。

色を変えたところ

何色かも表示されるので(ここでは「ラベンダー」になってます。)どんな系統の色なのかがわかるので、参考になるかも。

(4)そのほかの表示の説明をしますね。

色の暗さ・プレビュー

①色の明るさ暗さを選べます。
黒い部分がハンドルになっているので、これを左右にスライドさせることで、上の色選択の部分も明るくなったり暗くなったりします。

②色のプレビューです。
いろいろなタイプの例が表示されますので、参考に。ウィンドウ外になっていて見えない時もあるので、スクロールまたはウィンドウのサイズ変更で表示してください。

スタートメニューの色を変更します

スタートメニュー自体の色を変更するのは、ここまで設定できればとても簡単です。

(1)先ほどの色変更設定の(5)までは同じです。

色の設定画面

スクロールして下へ移動します。

(2)先ほどの色選択のさらに下に「以下の場所にアクセントカラーを表示します」という部分があります。
「スタート、タスクバー、アクションセンター」にチェックを入れます。(赤枠

すると、こんな感じになります。
(スタートメニューとアクションセンターを開いた状態です。)

スタート、タスクバー、アクションセンターの色変更

ちょっとわかりずらいですが、タスクバーにも赤が入っています。

(4)「タイトルバー」(緑枠)にチェックを入れると、ウィンドウの上の部分に色が入ります。

タイトルバーの色変更

チェックを入れて設定するこの二つは、個別に色を指定することはできません。

色設定で選んだ色をベースに変更されます。

もくじへ戻る

いろいろ試して、お気に入りの色にしてみてくださいね。

お役に立てれば幸いです^^

スポンサーリンク